プロフィール

ブリッツ

Author:ブリッツ
FC2ブログへようこそ!
22年前に出会ったボルゾイのマレーラ
そのマレーラの子ども、孫、ひ孫、今は3代目4代目のレノ、みー、ボズ、バラン、
ジレのマレーラのDNAをしっかり受け継いだボルゾイ5頭との楽しい日常を
綴っています。

足跡、ポチッとお願いします↓

にほんブログ村 犬ブログ ボルゾイへ
にほんブログ村

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
くろねこ時計
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

2012.06.12    カテゴリ:  未分類 

   シャロンちゃんの誕生日♪♪~~


Happy Birthday To Sharon!!

6月5日はお友だちのボルゾイ、シャロンちゃんの10歳の誕生日でした。

先月、お姉ちゃんボルのリエータが15歳の誕生日を迎え、盛大にお祝いをしましたが、

シャロンちゃんは10歳だから、そんなに大げさにしなくてもいいかなぁ~とママ

でもでも、よくよく考えたら、ボルゾイで10歳を迎えたってことも、すごいこと

やっぱり、みんなでお祝いしよう~ってことで、お誘いを受けておじゃましてきました。

それにしても、このお顔、うちのみーちゃんに良く似てる~~




CIMG8884.jpg
シャロンちゃんのバースデーケーキです




01.jpg
リエママからケイタリングとケーキの注文を受けて、お誕生会はにぎやかに始まりました。



CIMG8886.jpg
他に、この子たちもお祝いしています。




12.jpg
きれいなお花もたくさん~~




11.jpg
プレゼントもたくさ~んですねぇ~




10.jpg
この日は、主役でないリエータも優しく見守っています。

リエータ、15歳1ヶ月、頑張ってるね~~




CIMG8902.jpg
いつもはおとなしいシャロンちゃんも、自分が主役だってわかるのか、この日は、とっても

うれしそうにしていました。



03_20120612153255.jpg
「シャロンちゃん、ここに来て~」って言ったら、嬉しそうに、誇らしげに真ん中に座ってポーズ!!

元気に10歳を迎えることができたシャロンちゃんですが、たくさんの辛い思いもしてきました。

シャロンちゃんは、4歳のときに飼い主に飼育放棄された子で、リエママが引き取り、リエータと

わけ隔てなく育ててきました。

昨年秋には、突然、自己免疫性の脳炎になり、急激に悪化して植物人間のようになってしまいました。

ママは懸命に看病を続け、獣医さんも24時間体制で対応

寝たきりで、検査検査のシャロンちゃんを前にしてママは「犬として、本当にこれで幸せなのか、

苦しめているだけではないのか」と一時は安楽死も検討されたそうです。

私も間近で見ていて、「もう起き上がることはできないのではないか~」と感じていました。

ところが、2ヶ月の闘病生活の末、生還しました。

ママから「シャロンが散歩に出られるようになったの~」と電話をもらったときには、

信じられない思いと同時に、またしてもリエママのあきらめない想いと、シャロンちゃんの

生きようとする想いが、奇跡を起こした~~と感じました。

リエママの口癖、「犬が病気になったときに、飼い主があきらめたら絶対にダメ~」って

確かに、そのとおり~~だと思います。




13.jpg
そして、楽しいひと時を過ごした私を、我が家のボル総出で、迎えに来てくれました。

部屋のあちこち探検してまわるジュリアたちです。



16.jpg
よほどリエシャ家の水がおいしいのか、がぶ飲みするボズたちでした。

ほんと、みんな凄い勢いで飲んでたねぇ~~

楽しい時は、あっという間に過ぎて、遅くまでおじゃましてしまいました。


リエママ、シャロンちゃん、ありがとう!!

シャロンちゃんは今でも強い免疫抑制剤を服用していますが、リエータと一緒に元気に

お散歩にも行っています。

シャロンちゃん、これからも元気で生活できますように、心からお祈りします。

そして、みんなに勇気を与えているリエママ、リエータ、シャロン、あらためてありがとう!!




子ボルたちの情報はABEL HOUSEをご覧ください。



にほんブログ村 犬ブログ ボルゾイへ
にほんブログ村


今日も訪問ありがとうございます
ブログランキングに参加しています、 足跡代わりに
ここを、 ポチっとお願いします





スポンサーサイト
おコン~です。リエのとき同様にシャロンのバースデーを紹介してくれてありがとー。
シャロンはどこか遠慮がちで、本来の性格なのか、元飼い主に捨てられたからなのか、わからないけど、けな気なコです。
バースデー楽しかったね、シャロンも嬉しそうだった。

お料理も美味しかったし、また、集まりがあるときはお願いしたいp(^_^)q
ボズたち皆に会えたのも感激。パパさんに感謝♪(*^^)o∀*∀o(^^*)♪

大皿取りがてら、またお茶でもしに来て下さい\(^o^)/
リェータママさん

ほんとに楽しいバースデーパーティーでしたね。

みんなから「シャロンちゃん、シャロンちゃん」って、声をかけられ、いつもは
控えめなシャロンが、「今日はわたしが主役ね」と、にこにこしているのが、
可愛かったなぁ~~

近いうちに、またおじゃましますね~
この巡り合わせをありがとう。
シャロンが10年前に我が家から巣立った子と分かり、一昨日から昨日にかけてハイテーションです。
ブリッツママもまさかジュリアとシャロンが姉妹だとは思いもよらなかったことでしょう。
今、リェータママと私で我が家にいたときのシャロンの画像とリェータママの家にあるシャロンが巣立ってからの画像を必死になって交換しています。

なんかシャロンの誕生日というより私たちにプレゼントをくれたようです。
巡り合わせてくれたブリッツママに感謝とシャロンを闘病生活から今に至るまで、こんなに元気に育ててくれたリェータママに感謝します。
yayaさん

昨日は一日大興奮でしたね。

こんなことってあるんだね~って、私もびっくりでした。

いろいろ糸が繋がって~~、これが「縁がある~」って言うんですね。

二人から「ありがとう」って、言われて、私も幸せな気持ちになりました。
何時間時間があっても足りない程、超ハイテンションです。シャロンの元飼い主さんは以前から知っていて、シャロンを最初みたのは五ケ月頃ショー会場で見ました。その時はちとシャイで。元飼い主さん、ボルゾイ飼ったのねぇーぐらいで…
そして数年後シャロンの里親になったのも、運命と言えば運命なのですが。ジュリアとシャロンが姉妹だったのもほんと驚き。
今回、クリスティーママと連絡がつき、シャロンの子犬の頃の写真や性格(まさに、今も基本同じ性格)を聞き、ほんと嬉しいです〜\(^o^)/♪(*^^)o∀*∀o(^^*)♪
いゃあ大興奮ですよo(^▽^)o
昨年、ほんと死にそうになったとき、全力投球(精神的にも、肉体的にも、経済的にも)で治療に当たって奇跡の回復をしてくれて良かったと今更ながらに再認識してしまいました。
これからもリェータ同様に大切にしますから、クリスティーママ安心してください。
ブリッツママ、本当ありがとうね。感謝しかありません(*^_^*)
リェータママさん

いゃ~あ、リエママの興奮がいまでも、こちらに伝わってきますねぇ~

あらためて、シャロンちゃんの画像を見たら、やっぱりジュリアと似ているね

> 昨年、ほんと死にそうになったとき、全力投球(精神的にも、肉体的にも、経済的にも)で治療に当たって奇跡の回復をしてくれて良かったと今更ながらに再認識してしまいました。
ほんとだね、ママもシャロンもよく頑張った!!

> これからもリェータ同様に大切にしますから、クリスティーママ安心してください。
そう、間違いない、私が保証しますよ

> ブリッツママ、本当ありがとうね。感謝しかありません(*^_^*)
私からも、シャロンちゃんにありがとう~~です。
シャロンちゃん、
10歳のお誕生日おめでとうございます!
ママちゃん、
ほんとうにほんとうにどんなに喜びに満ちていらっしゃることと思います。

ママからの暖かい見守りの中、頼もしい医療チームの支えの中、
シャロンちゃんは持てる治癒力をフル稼働させて病気を乗り越えてくれたのですね。
そして、このほんわかした、愛しい笑顔笑顔笑顔!!!

ママちゃんの「愛してるよ!」の声をいつも心で目で耳で全身で聞いて
幸せいっぱいの毎日なのだと思います。わたしも本当に嬉しくなっちゃいます。

これからの毎日も愛がいっぱい!
本当におめでとう!!
  • シャーちゃん、誕生日おめっ(^O^)/
  •  もとち 
  • 2012.06.22 21:26  
  •  [ 編集 ]
シャーちゃんは、初め人嫌いでした。かろうじて息子(当時小2)とMダックスには何となく近づくものの、大人が
名を呼び近づくと、さっと逃げてしまう子だったのに、、。
最近の貴女は、自己PRもするし素直で、ちょっと臆病なところもあるけれど‥、ちゃんと家族になったと感じます(⌒▽⌒)。頑張ったねシャロン‼
リエータちゃんに続いてシャロンちゃんのバースデーも楽しそうです。
シャロンちゃんお誕生おめでとう!

ブリッツ家のボルゾイがそろったところはすごい迫力です! 

ブログからのめぐり合いのお話にもびっくりしました。こんなこともあるのですね。
はじめまして。

みんな楽しそうで、笑顔いっぱいの愛が伝わってきました♪
ボルゾイってとても繊細で人間ぽっい犬種なんですね。
先日もペットショップで、狭いケージに入れられたボルゾイの子犬ちゃんが売られていました。ボルゾイって誰もが飼えるような犬種ではないことはわたしにだってわかるのに、他の人気種の小型と同じように売られているのがなんだか不思議で。
いいお家に売られるんだよと、その子に話しかけて気になりながらもそのショップを後にしました。 

とりあえず、HAPPY BIRTHDAY!
ゆみこさん、コメントありがとう。
昨年、ほんともうだめかもと、何度思ったことか。主治医のゼファー動物病院、キャミックの検査センターの当日のMRI検査の対応、麻布大学の画像診断の先生のみたて、同大学の脳神経外科の先生の免疫抑制剤のセレクト、そして毎日、多い時は日に3度も往診に来てくださった杉山犬猫動物病院の院長、日本酸素のスタッフ、さらに友人たちのサポートがなければ、助からなかったと思います。みなさまに感謝です。そして一番頑張ったシャロンにも、あなたはがんばり屋、がんばってくれてありがとうー\(^o^)/
もとち。
私が里親になった時からシャロンのことみて来たものね。
人嫌いとと言うより、ビビりだったね。たくさんの犬と暮らしていたところから一匹になり、さらには飼い主も変わり、どこか自信を無くしていたんだと思う。今はかなりのマイペースだよ。今回ブリーダーさんがわかって子犬のときのキャラ聞いたら、よく覚えていてくれて、マイペースな一面もあったそうです。
三つ子の魂百までですね♪(*^^)o∀*∀o(^^*)♪
ブドコ
ブリッツさんとこのボルゾイは圧倒されるよ。さすがリビングも狭く感じたよ。
オスもいてリェータやシャロンより大きいけど、みんな温厚。
それとブログの巡り合わせもドラマのようでしょo(^▽^)o
記念すべき一日になりました\(^o^)/
ブルーちゃん
おコン~です。今回シャロンのルーツがわかり凄く嬉しです〜。
ペットショップでボルゾイの子犬が売られていたの?Σ(・□・;)
心配になる、ちゃんとした人に飼われてほしい。
そんなところの長く展示してないでほしい。

とりあえずo(^▽^)oシャロンへのコメントはありがとう\(^o^)/
こんにちは (*^_^*)
シャロンのお誕生日が紹介され
なんと ご実家(ブリーダーさん)とつながったと聞いて
それはそれは驚きました!!
素敵なブログでお誕生日のお披露目は
こんなにもすばらしいご縁までプレゼントされて
ほんとにシャロン 良かったね~~!

去年の 嵐の中の脳炎大騒動 すごく心配したんだから(笑)
その前の 消化器の大騒動も すごく心配したんだから(笑) 
ちゃんと 復活させて すごーい。
ブリーダーさんにお伝えしたい。
シャロンは yumiちゃんのおうちの子になったから
今 こんなに笑顔で生きているのだと 私思うのです、と。
ほんと 執念感じるほど!

うちのアフガンも 闘病中のわりに元気にすごしてるのですが
私の場合 思いっきり他力本願で 元気に過ごさせてもらってるのに対し
yunmiちゃんは 「自力で」 シャロンたちを
元気に過ごさせちゃうのです。
ここがね ほんと尊敬しちゃうとこ!!
あるちゃん、こんにちわ。
シャロンのルーツがブリッツのママのBlogでわかってほんとうれしよ。
あるちゃんも以前ルーツのわからないアフガンと暮らしていたから私の感激を凄く理解してくれたと思う。
ありがとうね。o(^▽^)o

闘病中のプランクもあるちゃんに守られていると思います。
「他力本願」以上の「ある力本願」だと思うよう\(^o^)/






トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



Copyright © 風神のつぶやき All Rights Reserved.
Template basically designed by Sceneway,  Powered by FC2 Blog