プロフィール

ブリッツ

Author:ブリッツ
FC2ブログへようこそ!
22年前に出会ったボルゾイのマレーラ
そのマレーラの子ども、孫、ひ孫、今は3代目4代目のレノ、みー、ボズ、バラン、
ジレのマレーラのDNAをしっかり受け継いだボルゾイ5頭との楽しい日常を
綴っています。

足跡、ポチッとお願いします↓

にほんブログ村 犬ブログ ボルゾイへ
にほんブログ村

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
くろねこ時計
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

2011.03.28    カテゴリ:  未分類 

   こんな記事が・・・

2011-03-23 017
新聞にこんな記事が掲載されていました。

福島県から新潟市の避難所に避難してきた女性が愛犬と一緒の写真です。

『中越地震のときに、ペットを連れて避難所には入れないと、車で長期間生活した

被災者がエコノミークラス症候群で亡くなるケースがあったという。

そんな経験から、新潟県は「動物救済本部」を設置。

避難所にペット専用スペースを設けたり、避難者が暮らすところとは別棟を

ペットに開放。1匹ごとにケージに入れ、飼い主には、避難所に入る前に服についた

毛を落とすなどのルールを周知している。』というものでした。

そう、やればできるんです。

昨日、署名活動しているときに、「知人が味の素スタジアムに避難しているので、

会いに行ったら、やはりペットは入れないので、車の中に犬を入れていました」って

言っていました。





2011-03-23 018
そして、もうひとつはこんな記事です。

自宅にいるときに地震に襲われ、愛犬にせかされるようにリードをつけている時に

大津波警報が・・・玄関を開けると愛犬が勢いよく飛び出し、いつもの散歩コースとは

逆の高台へ、ぐいぐいひっぱるように、自宅から1キロ離れた高台の避難所にたどりついた時に、

振り返ると自宅は濁流の中に。 普段は散歩も嫌がる12歳のわんちゃんだそうです。

こんな愛犬(家族)と離れて暮らすなんてできません。


いま一度、みなさまの協力で、被災地のペットが安心して暮らせますように

よろしくお願いいたします。


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

ポチたまの松本君が、被災地の避難所や仮設住宅にペットを同伴できるよう、
環境省宛の署名を集めています。
皆様のブログなどでも、ご紹介して頂けたら幸いです。
よろしくお願い致します。

【松本秀樹のナチュラルドッグスタイル】

http://www.n-d-s.tv/pet-rescue/shomei.html


上記をコピーして貼り付けて松本君のサイトへ飛んでください。


署名用紙をダウンロード、印刷してください。


松本君のブログhttp://ameblo.jp/macha-daichi

松本君のブログにはたくさんのわんちゃん同伴で非難できるペンションなどがアップされています


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

昨日の日曜日は、風もなく穏やかで公園にはわんちゃん連れがたくさん

仲間の協力もあり、なんと署名は180人になりました





_MG_4992.jpg
そして第4日曜日はドッグランの定期清掃でした。

公園側からの芝生の提供があり、急きょドッグランに植えることになりました。

全面積分はなく、一部ですが、このほうが周りで遊べるから、充分に養生できるでしょう。

でも、朝行ったら、さっそく芝生に黄色いおしっこの後が・・・きちんと見ていない

飼い主さんがいるんだよねぇ~





_MG_4998.jpg
]Happy Birthday To Belle-chan!!

ベルちゃんは今日で13歳になりました。

ずーっと、元気でいてね




_MG_4994.jpg
「まだまだ、いけるわよ」って






にほんブログ村 犬ブログ ボルゾイへ
にほんブログ村


今日も訪問ありがとうございます
ブログランキングに参加しています、 足跡代わりに
ここを、 ポチっとお願いします




スポンサーサイト
  • 管理人のみ閲覧できます
  •  - 
  • 2011.03.28 22:11  
  •  [ 編集 ]
このコメントは管理人のみ閲覧できます






トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



Copyright © 風神のつぶやき All Rights Reserved.
Template basically designed by Sceneway,  Powered by FC2 Blog