プロフィール

ブリッツ

Author:ブリッツ
FC2ブログへようこそ!
22年前に出会ったボルゾイのマレーラ
そのマレーラの子ども、孫、ひ孫、今は3代目4代目のレノ、みー、ボズ、バラン、
ジレのマレーラのDNAをしっかり受け継いだボルゾイ5頭との楽しい日常を
綴っています。

足跡、ポチッとお願いします↓

にほんブログ村 犬ブログ ボルゾイへ
にほんブログ村

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
くろねこ時計
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

2011.03.16    カテゴリ:  未分類 

   参考になれば~と

余震・地震、毎日あります。

今日は風が台風を思わせるほど強くて、余震なのか、風で揺れているのか
わからなくなってしまう。

地震に対して神経質になっているから、余計だと思う。

落ち着かなくちゃ、冷静にならなくちゃ~と思っているのに、結構目先のことに
あたふたしている私ですが・・・

先日、私は確認もせずに誤った情報を友人たちに流してしまい、反省しています。
情報は大事だと思います。でも、きちんと見極めなければ、かえって混乱を招くだけだと・・・



今日は、友人のブログから、大いに参考になる文章が書いてあったので
了解をとり、抜粋して載せることにしました。

友人は日頃から災害のこと気にしているので、心の準備は私などよりずーっと
できています。
それに、災害救助犬の活動にもかかわっているので、いざということを想定して
準備できるものは用意しておいたほうがいいとも、いつも言っています。

*************************************

防災用具を用意する。(家の中にあるもので代用する)

自分自身で地震が起きた時のシュミレーションで避難訓練する。

いつも近くにスリッパ、靴何か置いておく。

倒れそうなものは、倒れないようにするか下に置くようにする。

非常用持ち出し物、貴重品は一緒にしてすぐ持てるようにする。

なるべく軽く、重いものは家に置いて置く。
燃えない限り、あるはずだから。

犬はバリケンネルに入れられるようにしておくこと。
これで、犬は助けられる。

そして・・慌てない・・だからシュミレーション訓練です。

被災者達に遠くからできること。

停電も、ガソリンも協力と思えば苦にならない。
買いだめしない、その分被災地に届けられることがある。

喉元過ぎても、いつも頭のどこかにこの恐怖を忘れずに
日頃から準備しておくといいです。

我が家には沢山の2Lペットボトルに水(水道水)が入っています。
植木の水はここからあげます。そしてまた水を入れておきます。
いざというときに、トイレの水用にもできます。

お風呂にはいつも水をためてあります。

飲み水は箱で買ってあったものに、使った度に2本づつ追加します。
(賞味期限切れないように)

地震で外に出る時は、なるべくそこの厚い靴を、一番いいのは
安全靴、(スニーカーのような安全靴もあります)

犬のフードは小分けにして、非常用持ち出しに2日間分くらい
入れておくと安心です。

ある人が、1週間ぐらい犬は大丈夫だから・・と、言っていました。
でも・・食べなければ犬だってストレス溜まります。

外に出たほうがいい家、出ないほうがいい家・・それぞれ違います。

耐震構造の家に住んでいる人は、家の中のほうが安全。
家具が移動しない場所に。

テント、寝袋・・すべてすぐに取れる場所に移動しました。
家が倒壊したら、横の空き地に住むことにします。

今、我が家は色々なものが床にあってグシャグシャですが、
先日の地震で上から落ちたものはすべて下に置いてあります。

車の中に置いてあったバールも今は玄関です。

これ・・すべて地震対策です、元々地震に神経質なので
防災だけはいつも気にしています。

原発は想定外でした。防塵マスク以外分かりません。

被災者に今できること・・上記の他は募金くらいでしょうか。

***********************************

私も今一度、水・フードの小分け、チェックして準備に取りかかりました。

ラジオ・懐中電灯は日頃電池をチェックしているので、あわてて買いに走らなくても
大丈夫でした。
卓上コンロのガスボンベもOK、ご飯は常にちょっと多めに炊いて冷凍してあるので
梅干しと海苔で当分は大丈夫、特に買い出しはしていません。

今、犬たちは地震があると、バリケンに自ら入っていきます。
確かに、我が家では犬たちがいる部屋が一番安全かもしれない。
バリケン以外置いてないし、物が倒れる心配も落ちてくる心配もない。
特大のバリケンは頑丈だし、私が一緒に入っても大丈夫な大きさだし

今日、被災地では雪が降っているところもあり、寒さで眠れない人たちがいる。
一日も早く安心して避難所生活が送れるようになることを、祈っています。

寒い中、救済、救援活動をしている皆様、本当にお疲れ様です。

被災地の人たちにくらべたら、わたしたちはもっともっと我慢できるはずです。

譲り合い、助け合い、協力し合っていきましょう。

春はもうすぐ・・・だから

_MG_4694.jpg








にほんブログ村 犬ブログ ボルゾイへ
にほんブログ村


今日も訪問ありがとうございます
ブログランキングに参加しています、 足跡代わりに
ここを、 ポチっとお願いします


スポンサーサイト






トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



Copyright © 風神のつぶやき All Rights Reserved.
Template basically designed by Sceneway,  Powered by FC2 Blog